EDに有効なレビトラの製造会社はどこ?

EDは高齢になってくるほど悩まされる人が増えてきますが、最近では若い人でも悩まされている人が増えてきているとも言われています。
その原因はストレスや糖尿病など様々ですが、EDそのものは命に関わる訳ではない上に昔は治療薬が無かったので諦める人も多かったです。
しかし、近年ではEDに対して有効な治療薬が登場したおかげでEDを改善する事が簡単にできるようになりました。
そのED治療薬の一つがレビトラで、レビトラはドイツの製薬会社、バイエル薬品が製造会社です。ドイツの製薬会社
日本では2004年に5mgと10mgが、2007年に20mgが販売されるようになっています。
レビトラは男性の生命という意味があり、パッケージのマークとしてマッチの炎が用いられています。
最近ではあまり使われなくなってきているマッチですが、マッチの炎は擦る事で簡単に火がつくのがレビトラの特徴を表していると言えます。
それではどうしてマッチの炎がレビトラの特徴を表しているのかというと、レビトラはED治療薬の中でも服用してから効果が出るまでの時間が短いのが大きな特徴となっているからです。
すぐに効果が出るのとマッチが簡単に火がつく事を重ね合わせて用いられているという事です。
それではレビトラはどの程度で効果が出るのかというと、空腹時に服用する事で15分から20分程度で効果が出ると言われていて、大体40分から50分程度で血中最大濃度に到達します。
また、最初に登場したED治療薬は食事の影響を受けやすいという欠点があるのですが、レビトラは標準的な食事では影響を受けにくいという特徴も持っています。
性行為前には食事をする機会がある事も多くて使いにくいという人もいますが、そのような人にとってはこの特徴はうれしいものです。