通販で購入できるレビトラのジェネリックの名称

レビトラは、2003年にドイツの製薬メーカーから発売されたED治療薬で、日本では2004年に厚生労働省から承認されています。ED治療薬の1つレビトラ
基本的な作用機序は、バイアグラと同じでcGMPの分解に関与している加水分解酵素のPDE-5を阻害するというものです。
これにより、陰茎周辺部の一酸化炭素作動性神経に作用し、血管が拡張して血流量が増加するので、性的なリビドーをきっかけに勃起できるようになります。

なお、バイアグラからの改善点としては、食事による影響を受けにくくなったということです。説明書には、総エネルギーに占める脂質の割合が30%程度の標準的な食事であれば影響がないと記されています。
このために、栄養補給の後にプレイに臨むことが可能となるので、身体への負担が軽減されます。効果は、5時間~10時間継続するので、複数回のプレイも十分可能です。

なお、レビトラは発売してから20年が経過していないので、国際基準による成分特許は切れていないために、ジェネリック医薬品を生産することは出来ません。
しかし、このような薬剤の特許を認めていないインドの製薬メーカーからは、同じ成分を配合しているコピー商品が提供されています。それらは、個人輸入代行業者で取り扱っているので、通販により購入することが可能です。

ちなみに、これらのレビトラのコピー商品は、VALIFやSAVITRA、FILITRAなどで、レビトラ(Levitra)や成分名のVardenafilと似た名称で提供されています。
添加物やコーティング、生産方法などには違いがあるので、全く同じ薬というわけではありません。しかし、主成分は同じものが配合されているので、適応症のEDに対しては同等の効果を期待できます。