レビトラは大容量のものを買うと得な理由

医療機関でレビトラをもらうときは、医師が最適な用量を処方してくれます。
ほとんどの方は20mgの処方となりますが、これは10mgと価格があまり変わらないためです。
個人輸入を利用する方も大容量のレビトラを購入するのが普通であり、10mgはあまり人気がありません。
1錠につき1~2割高い程度なら、20mgを半錠にして服用したほうがお得でしょう。
ピルカッター個人輸入でレビトラを購入する方は、錠剤を割るためのピルカッターもあわせて購入することが多いです。
ただし、はじめて個人輸入のレビトラを利用する方に関しては、20mgを服用しても問題ないのか医師に聞いておく必要があるでしょう。
個人輸入は完全なる自己責任による購入となるため、もし合わないED治療薬を購入してしまっても、医師や薬剤師の責任にはできません。
医師の処方なしで自由に購入できる反面、自分にすべての責任が生じます。
個人輸入でレビトラを購入するときは、本物か偽物かを見極めることが大切です。
医療機関で処方される場合は偽物のリスクはゼロですが、個人輸入の場合は偽物が約6割混じっているのが現実となっています。
必ず信頼できるサイトを利用すること、利用するサイトを決めておくことが大切でしょう。
レビトラの用量を自己判断で増やすのはよくありませんが、減らす分にはリスクはありません。
EDの症状が軽くなってきたと感じたら、それに合わせて用量を減らしても大丈夫です。
最初は20mgを飲んでいる方も、軽症になったら10mgに変えて、最終的に服用なしで性行為ができるように調整していきましょう。
EDはメンタルが影響して生じることも多いので、メンタルを改善すれば本来の勃起力を発揮できることが多いです。