レビトラと他薬との混合服用の注意点と輸入品のついて

レビトラは勃起しやすい環境を体内で整える効果が高いため、EDで悩む人たちにとって強い味方になるED治療薬の1つです。しかし何かしらの病気の治療をしている場合、混合服用が危険な他薬があることもあります。
例えば硝酸剤系の薬を使用している場合、レビトラとの併用で過度に血圧を下げる危険性がありますし、HIV治療薬である抗ウィルス剤や水虫の治療で使用する内服タイプの抗真菌薬と併用するとレビトラの血中濃度が上昇しすぎる危険性、不整脈の治療薬との併用ですと心臓の動きに異常を与える危険性がそれぞれにあります。
これらは最悪の状態ですと命に関わる場合があるためレビトラとの併用を禁止されることが通常です。相談することを促す医者自己判断で混合服用を決めるのではなく、どの様な薬でも必ず医師に併用可能かどうかを確認しましょう。

ところでレビトラは個人輸入を利用し薬の通信販売から購入することが出来ますが、メリットデメリットがあります。メリットはクリニカルで購入するよりも1割程度安く処方せんなしでも購入することが出来ることです。
レビトラは1錠で1,500~1,800円と高価ですが、クリニックでの処方にはこれに診察代が加算されます。薬そのものが安くなるだけでなく診察代も必要でないため、経費削減が出来ます。
しかし正規品を輸入している業者を自身で確認する、という安全性でのデメリットもあります。
個人輸入をしている業者の中には正規品を仕入れるルートが確保されていないため偽物を輸入してしまう業者があるため、購入をする前に口コミを確認したり直接メールで確認をすることで信頼できる業者かどうかを確認しましょう。

レビトラを安全に使用するためには、自身でも安全に使用出来る環境を整えることも必要なのです。